RECRUIT

2016年入社 土木事業部
NAME : 坂本 明仁

自分の仕事が、
航空機の安全運航に直結している!

社会貢献性の高さに魅力を感じました。

大学で土木を学んでいた私が、いわゆるゼネコンではなく当社に就職した理由。それは、活躍の場が、日本の空の玄関口である成田国際空港だったからです。土木を通して重要な交通インフラの安全を支えることができる点に魅力を感じました。採用担当者の人柄に惹かれたことも、志望理由のひとつ。面接前日に、電話で本社へのアクセスを丁寧に教えてくれるなど、学生に対する気遣いに感動したのです。

収集したデータが、航空機の安全運航に直結!

入社1年目は、滑走路や誘導路などの点検業務や、土木工事の施工管理を担当しました。一番印象に残っているのは、第2ターミナルと第3ターミナルをつなぐ連絡バスルートの改良工事。新ルート完成時の喜びは、言葉で言い表すことができないほど大きなものでした。
入社2年目からは、点検や工事のデータを収集し、統計や分析を行う仕事を任されています。そうしたデータを活用することで、破損しやすい場所を瞬時に特定することが可能に。点検の効率化やメンテナンス計画を立てる判断材料にも使われるので、大きなやりがいを感じています。

目標も、やりがいも、どんどん大きくなりました。

入社当初は、自分が担当する現場のことしか視界に入っていませんでした。けれど今は、空港全体のことを把握できるようになり視野が大きく広がりました。航空機の安全運航や空港を利用される皆様の利便性の向上に貢献できている、という実感も大きくなってきています。
現在、滑走路・誘導路や構内道路等の点検業務は目視等、個々の社員の力に頼っています。ですがIT技術などを駆使して効率化や高精度化を実現していくことができるはず。そういった最先端の技術を積極的に習得し、会社に大きく貢献していくことが今の目標です。

ENTRY

募集要項・エントリーはこちらからどうぞ。

ENTRY